- 世界ボクシング協会(WBA)は、東京・有明コロシアムで行われたミドル級王座決定戦で異論の多い判定が出たことを受け、村田諒太とアッサン・エンダム(33、フランス)の再試合を指示した。

2012年ロンドン五輪の金メダリスト、村田は20日のミドル級王座決定戦でエンダムと対戦。4回に強烈な右カウンターでダウンを奪い、その後も試合を優位に進めていたように見えたが、1─2の判定負けを喫し、プロデビュー後13戦目にして初めて敗れた。

WBA会長は声明で「私のスコアカードでは117─110で村田の勝ちだった。村田諒太、帝拳プロモーション、そして日本のボクシングファンの皆さんに謝罪したい。

どんな言葉でもこの汚名をそそぐことはできないが、委員会に再試合を指示する。全てのボクシングファンの皆さんのために正しい判定と透明性を証明したい」と発表した。

ロイター 5/22(月) 11:06配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-00000025-reut-spo

コメント一覧
つまり八百
再試合でも負ける村田
どんなもんじゃい
負けたらゴネる
まるで台湾人みたいだなw
ジャッジ一人はそういう判定だったでしょ
ハッキリ白黒つけさせるような試合しなかったからこうなる
判定取り消しで。
再試合ってヤオになりそうだな
相手は33歳だし金いっぱいもらって引退するんじゃね
このWBA会長の宣言には拘束力は有るんかね。
単に村田側からのリターンマッチ値上げの一環じゃなかろうな。
村田のスポーツマンシップをたたえるべきだろう